読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故ニコニコ動画でYoutuberが出てこなかったのか

 

f:id:mondaykun:20160627012112j:plain

 

最近、というかずっと前から話題になっていますね、YouTuber。

 

HIKAKINだったり、はじめしゃちょーだったり、

一般人に毛が生えたくらいの(いい意味で)人たちが、商品紹介などの動画をあげて莫大なお金を儲けています。

 

「こんな簡単な動画で、何万も儲けるのはおかしい!」っていう人の声も聞きますが、そんな人は底辺Youtuberの動画を見てみればいいです。全然面白さが違います。

 

実際僕も大好きで、特にはじめしゃちょーの動画をよく見ます。

今日彼の動画を見ていて、ニコニコ動画のゲーム実況者であるキヨとコラボしている動画を見つけました。

別々のプラットフォームにいた二人が、垣根を越えて仲良くゲームしている姿に軽く感動したのですが、そこでふと思ったんです。

 

どうしてニコニコ動画にははじめしゃちょーみたいなYouTuberが出て来なかったんだろうと。

 

YouTubeニコニコ動画はどちらも動画投稿サイトですが、それぞれ違いがたくさんあります。

一番大きな違いは、ニコニコ動画には動画上にコメントが流れること。コメントが流れることによって、動画自体を楽しみながら、他の視聴者と感動を共有することができます。

このコメントという機能が真価を発揮するのが、ニコニコ生放送。ライブであるため、リアルタイムでコメントを共有でき、放送主もリスナーとコミュニケーションをとることができます。

 

YouTubeもライブ配信はありますが、スタートしたのはニコニコよりも遅いです。生放送の文化はニコニコ動画が先に築いたと言っていいでしょう。

 

この生放送があったため、Youtuberが現在あげているような投稿主が画面上で話すという行為は生放送で行われてきたと考えます。

 

しかし、ニコニコ動画というのはYouTubeのようにお金持ち(Google)のバックがなかったために投稿者にお金をたくさん払うことができませんでした。

 

そのため、現在のYouTuberのように派手な成功を収めて、メディアに取り上げられることもなかったのではないか、というのが僕の考察です。

 

 

生放送は確実にニコニコ動画の方が強いので、ドワンゴさんは生放送主にもっと夢を見させてやって、タレント化させたら面白いんじゃないかって思います。