読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦うドMのススメ

本日の産経新聞にこんな投稿があったそうです。

 

 

このインテリジェント中学生によって、イグノラントおっさんの僕は久々に考えさせられました。

 

「逃げるな!」ってことは「戦え!」ってことであって、もっと言えば「戦って勝て!」ということであって、つまりは(戦って勝てる見込みがあるのだから)「戦って勝て!」ということであるからして、(お前は今勝てないと思っているから逃げようとしているが、戦えば勝てる見込みがあるのだから)「戦って勝て!」ということなのではないでしょうか。読みにくいですね!

 

動物が本能で逃げる状況というのは、自分より強い敵に出会ったときです。戦えば勝てるかもしれませんが、限りなく望み薄で、「生き残る」という目標を達成するためには逃げたほうがはるかに効率がいいのです。

 

人間はどうでしょうか。人間の暮らす環境というのは、動物よりもはるかに複雑で、逃げる場面が、大きいことから小さいことまでたくさんあります。また、その場面が生死に関わらないことのほうが多いです。

 

やらないほうが楽で、やらなくても死ぬことはありません。

 

死なないのであればやらないほうが合理的です。

 

あなたが動物であるならば。

 

僕たち人間は、生き残ることだけが目標ではありません。お金持ちになることだったり、人々を救うことだったり、モテることだったりたくさん目標があります。

 

人間的目標を達成するためには、動物的本能に打ち勝つしかありません。逃げずに思考錯誤して打ち勝てば、人は成長し、目標に一歩近づくのです。

だからこその「逃げるな」なのです。

 

 

では、どうやって動物的本能に打ち勝てばいいのでしょうか。僕が提唱するのは、

  1. 目標を明確にイメージする。
  2. 簡単なステップに分解する。
  3. 成長を実感する。

の三つです。

ひょろがりだった僕がむきむきになった過程を例にして解説しましょう。

 

 1. 目標を明確にイメージする。

自分が細くて、人にバカにされていた僕は、筋肉をつけて見返してやろうと考えました。そして、マッスルすぎず、細すぎずのちょうど良い肉付きの友人のようになることを目標としました。

ベンチプレスをしていて、もうこれくらいでいいかと思っても、いやもう一回やろう、と思えるのは、目標をイメージして、早く追いつきたいという気持ちがあるからこそなのです。

 

  2. 簡単なステップに分解する。

筋トレの場合は単純です。より筋肉に負荷を与えるトレーニングを毎回繰り返せばいいだけです。

目標がお金持ちになりたいだったり、世界征服だったりした場合は、ゴールまでの道のりを因数分解して、投資の本を買うだとか、プルトニウムを探しに行くとか(テキトーですw)考えなければなりません。

 

 3. 成長を実感する。

目標への階段を上っていると、必ずつらい、もう辞めたいと思う時がきます。その時は、振り返って自分がどれだけ上ってきたかを確認するのです。

筋トレでは、自分の体を見て、筋肉がついてきていると思えば、また次回も頑張ろうと思えます。

 

 

この3つを意識すれば、自分からつらいことに立ち向かえる、戦うドMになれるのです。